【レポート】第9回北はりまビジネスフェア開催

 北はりまビジネスフェアを10月25日(金)・26日(土)・27日(日)の3日間、北播磨エリア内の商工会議所、商工会等の連携により北播磨地域の企業が一同に会し、優れた製品・技術・サービスを内外に発信するとともに、北播磨地域の企業のビジネスマッチングや事業のコラボレーションにつながる場として活用していただくことを目的として開催しました。
 今年度は小野市うるおい交流館エクラに会場を移し、北播磨地域を中心に41社・団体が57小間の出展を行いました。その中には「人工知能(AI)が変える仕事の未来」をテーマに、人手不足対策、AI、IoT対策とした特別展示として9社12小間の出展がありました。特別展示では、AI清掃ロボットや自動搬送モバイルロボット、協働ロボットなど最新の技術を搭載したロボットの実演や、外国人雇用、人材採用育成に関する相談対応、AIを活用した生産管理システムなどの展示を行い、来場者は興味を持って見学されていました。
 特別講演では今回のテーマにもなった「人工知能(AI)が変える仕事の未来」と題し、メタデータ㈱代表取締役社長の野村直之理学博士の講演、基調講演では㈱マイナビによる「「超」売り手市場の中で若手人材を採用するために」、㈱NTTドコモによる「5Gが拓く豊かな未来」の2本。その他のセミナーとして「外国人技能実習制度の概要」「IoTによる売上アップ、IoTでビジネスをもっと面白く!」「就職支援セミナー」の3本を実施しAIやIoT、深刻な課題となっている人手不足など企業がかかえる課題解消のヒントとなる講演を開催しました。
 25日(金)の夕方には例年好評をいただいている企業大交流会をハートフルサロンで開催し、出展企業と北播磨内外の企業より約100名の参加がありました。交流会では出展企業により相互投票をおこなったブースコンテストの表彰や出展企業によるPRタイム、名刺交換や情報交換など新たなビジネスマッチングの機会となりました。ブースコンテスト表彰では一般展示部門優秀賞に「happy resin」、最優秀賞に「㈱匠工芸」、特別展示部門最優秀賞では「㈱ダスキン」が選ばれ、交流会も商談につながる良いきっかけにもなりました。
 今年度は会場・会期の変更がありましたが、3日間で約3千人の来場者を迎えることができました。次年度は第10回ということでさらなる飛躍を目指していきたいと思います。

【展示風景】
【展示風景】
【展示風景】
【展示風景】
【特別講演】
【特別講演】
【企業大交流会】
【企業大交流会】